外国人も必要になる印鑑

印鑑イメージ

わたしたち日本人は、印鑑を所持しているのが当たり前ですよね。
日本の社会人で自分専用の実印、認め印をもっていない人はいないと言っても過言ではないと思います。

しかし、世界的に見ると、印鑑を日常的に必要とするのは日本と韓国くらいだということを知っていましたか?
印鑑が古くから使われていた中国や朝鮮でも、今はサインで済ませるところがほとんどなのです。
ですから、外国から来て日本で生活をはじめた方からすれば、日本で印鑑が日常的に使われることには戸惑ってしまうでしょう。

しかし、印鑑は日本での生活において不可欠なものです。
外国人の方といえど、自分の印鑑をもたなければなりません。
はんこ会社では、もちろん、そういった外国人の方のための印鑑の作成も引き受けています。

外国人の方は、例えばマイケル=舞毛流のように当て字の漢字を使って日本での記念に・・
という人もいるそうですが、多くの方はそのまま英語かカタカナを用いるそうです。

書体も、古印体、印相体、隷書体、篆書体などなど、漢字と同じようにさまざま選べるそうです。
日本人の場合は名字が主流ですが、外国人だとフルネームで明記されることが多いです。

外国の方からすれば、必需品というよりも記念品やおみやげといった印象が強いかもしれませんね。
そちらにせよ、長く使えるものなので外国人の方も、日本に滞在する際には、一つくらい作ってみてはいかがでしょうか。

〔クチコミ◎のおすすめ通販サイト〕

ページの先頭へ