名前の画数にこだわった印鑑

子どもイメージ

日本人は、名前の画数にこだわる傾向がありますよね。
例えば子どもが産まれたときに、両親が候補の名前を見つけては、せっせと画数をチェックして、運気が良いかどうかを確認する・・という光景はわりと日常的です。

実際のところは、名前の画数による運気なんて大した問題ではないと思うのですが、やはりどうせなら運気の良い名前のほうが気分は良いですよね。

親としても、子どもが産まれたときにはやはり子どもの幸せのためにはどんなことでもしてあげたいと思うものでしょうから、画数ひとつとってもこだわりたいものなのかもしれません。

しかし、結局のところ結婚などで名字が変われば画数もかわりますし、調べてみたら画数の運気が最悪だったという人もたくさんいるでしょう。

メンタルの弱い人は、自分の画数が悪いというだけで、これからの人生はお先真っ暗だと感じて、何か自分にとって良くないことがあると、すぐ画数のせいにしてしまったりします。

そんな人は、開運印鑑をもつとよいでしょう。開運印鑑は、実印、認め印、銀行印と分かれています。
自分の生まれた年で判断する九星気学から自分の星を判断し、それに適した材質の印鑑を作るところから始まります。

それから、印面八方位で希望運を強調し、名前の画数も運勢が吉になるようにうまく調整して彫ります。
字体は運気最良の印相体です。

あらゆる面で運気にこだわっているので、これで運気が良くなることは間違いありません。

[お役所手続きにこまったらココ!]

印鑑・実印のお役所登録に迷ったらココ!

手続きに必要なものや、実印の条件など、わかりやすく説明されています。

ページの先頭へ